壊れたAirの代わりに手元に来たProですが、Boot Campが使えずWinな環境を1台で構築できずに二の足を踏んでましたが、先日久しぶりに何か情報がないか検索してたら、ARM版の正規Windows11が出てるんですね

起動に制約はあるものの動いてしまえば正規版ですから Insider Previewのいらない表示もでずに、アップデートも継続利用も問題がないということでしたので UUPDumpのサイトから正規版をダウンロード
最初 スクリプトをダウンロードするに途中でネットワークエラーが出てダウンロードできな状況が丸1日続きましたが、なんとか手を変え品を変えてダウンロードできスクリプトを起動でき、ファイルをダウンロードでき、その後半日かかってISOファイルに変換できMIProなマックに仮想化でですがインストール
Windows8のライセンスを使って認証もOK・・あは!
ファイル形式はNTFSで・・・macOSの方にNTFSアクセスできるソフトを入れて・・・こうしないと後で困ると思うんだけどね ネットの先人は exFATの形式でやってる人が大多数だけどね・・・

うんうん これでMiffesやTeratermでの問題も回避
目の前にある2台の27インチディスプレーに出力すればディスクトップのマシンはいらなくなるね よしよし!!